英熟語

in order toの使い方、意味をわかりやすく

in order to

今回は「in order to」について説明します。

 

中学生の時に習い大学受験やTOEICでも頻出なin order to

「~するために」という訳は覚えていると思いますが、

なんとなくの理解しかしていない人が多い気がします。

 

なのでこの記事を読んで、in order toを完璧に理解してしまいましょう。

 

 

 

in order toとは?

まずはin order toとはなんなのかを簡単に理解しましょう。

品詞は副詞です。

でも単語ではなく3単語のまとまりで1つの意味になる熟語です。

 

in order toの「to」はみなさんおなじみのto不定詞です。

参考:http://www.minna-english.net/58/ 

参考:http://www.minna-english.net/65/

 

なので「to」の後に来る単語はわかりますよね。

動詞の原形です。

だからin order toの訳は、「~するために」となっているのです。

文章 in order to 動詞の原形 ~

このような感じで使われます。

このin order toは不定詞が「目的」を表すことをしっかりと示しています。 

 

まとめると

・副詞の役割をする熟語

・後ろには動詞の原形が来る

・訳は「~するために」

 

また、in order toの使われ方で、否定の意味にしようとした場合、どのようになるでしょうか?

この場合 in order not to 不定詞 という形になります。toの前にnotを付けます。

まあ、目的をしっかりと示すために同じようなイディオムもあります。

so as to 不定詞 です。

in order to 不定詞 = so as to 不定詞

in order not to 不定詞 = so as not to 不定詞

となります。併せて覚えてしまいましょう!

 

in order toを例文で理解しよう

英語は必ず文章があります。

in order toも文章の中で使われます。

 

だからこそ例文を使って理解しましょう。

 

I study hard in order to pass the examination

S V

どんな文章なのかを考えてみてください。

 

I study hard

「私は一生懸命に勉強する」

 

これで文章は完結していますよね。

 

ということはこの後ろに来るものは付け足しです。

 

なので「 in order to pass the examination」

は副詞の役割になるのです。

参考:http://www.minna-english.net/125/

 

「 in order to pass the examination」を考えましょう。

in order toは「~するために」

pass the examinationは「試験をパスする(合格する)」

 

なので「試験に合格するために」となります。

 

よって

I study hard in order to pass the examination

試験に合格するために私は一生懸命に勉強する

 

このような文章が一番一般的に使われるin order toです。

勉強するという「行動」

試験に合格したいという「理由」

行動 in order to 理由

という結果になることを覚えておきましょう!

 

ここまでは初級編です。

 

見分けがむずかしいものは問題になりやすいので、できれば点数につながります。

 

in order to と to の違い

in order to 動詞の原形(不定詞)と単なるto動詞の原形(不定詞)を比べるとin order toの場合、堅い表現になります。

in order to を使い場合は、「~するために」という目的の意味を強くするために使われます。

I go to the school to study English.

I go to the school in order to study English.
※英語を勉強するために!という目的を強く表してます。

in order toを使うケースとしては、主に下記の2点の理由で使われます。

理由1) to不定詞の用法には色々な意味があるため、目的を強調する、目的を表すと明らかにするため、in order to 動詞の原形(不定詞)で表現します。

理由2) 1つの文中にto動詞の原形・・・to動詞の原形・・・と複数使われると、意味がよくわからなくなる場合があり,それをわかりやすくするために目的を表す表現をin order to動詞の原形(不定詞)に置き換える。

in order thatとin order toの違いをわかりやすく

in order thatとin order toって何が違うの?
そう思う方がいるようです。

これは構文から考えると楽々です。

つまり、構文から考えると、

thatの後には何がどうくるの?
toの後には何がどうくるの?

これがしっかりと言えれば合格です。

では、考えてみましょう。

例)in order to動詞の原形(目的を表すto不定詞の場合)
I go to the school in order to study English.
※文法的に言うと、この場合のin orderは副詞句です。

例)in order that S+V(名詞節としてのthat S+V)
I go to the school in order that I study English.
※文法的に言うと、この場合のin orderは名詞節です。

in order to doとin order for to doの違い【発展編】

in order toの発展編です。

in order to doに英文法事項の不定詞の使い方として必ず抑えておきたい「意味上の主語」Sを入れたものがin order <for S> to doです

to動詞の原形、that節の主語の主体が主節と異なる場合はどうなるでしょうか?

●in order that節の場合には、シンプルにthat節の主語を変えれば良いだけです。
that S+V(名詞節としてのthat S+V)ですからね。

She build the book so that her friend could study English.
彼女は友達が英語を勉強できるようにその本を買った。

●in order to動詞の原形の場合には、「意味上の主語」を使って表現します。

She build the book <for her friend> to study English.
彼女は友達が英語を勉強できるようにその本を買った。

that節とto不定詞の場合の書き換えもこの際、覚えてしまいましょう。

【入試で頻出】in order の書き換え

下記のような書き換えは入試で頻出なので抑えておくと良いです。

in order to~ = in order that S+V
so as to~ = so that S+V

ここまで理解して、しっかり覚えれば in orderの関連の問題はバッチリです。

頑張って覚えてしまいましょう。

 

この記事のキーワード

, , , , , ,

Copyright © 2019 みんなの英語 All Rights Reserved.

PAGETOP