英文法

due toの意味、使い方

due-to

ここでは「due to」の使い方、意味を説明します!

この熟語は頻出なので、「~が原因で」という訳は、みなさん覚えていると思います。

では、その品詞や用法はご存知ですか?

なんとなく理解している人のために、例文を含めて徹底的に解説します!

この記事を読んで、due toを完璧に理解して使いこなしましょう!

 

 

due toとは?

みなさん、due toの品詞は何か、ご存知ですか?

そう、前置詞です。

前置詞ということは、つまり、後に続くのは名詞ですね。

 

なので、たとえば、

「激しい雨のため、その試合は延期された。」といいたいときには、
(〇)The game was put off due to the heavy rain.
(×)The game was put off due to it rained heavily.
となります。(×のほうは後にSV、つまり節が続いてしまっていますね。)

 

意外とやってしまいがちなミスですので、お気をつけて。

 

 

dueの紛らわしい形

ここで、注意しなければならないのが、dueの紛らわしい形です。

たとえば、
Special thanks are due to Mr.Kato.
という文章。

due toがあるから、「~が原因で」だと思ってしまいましたか?
実はそれ、間違いです。

dueは多義語で、due to「~が原因で」のほかに、due単体で用いられ、形容詞で「当然与えられるべき」という意味も持っています。

なので、この例文では、dueは形容詞として使われており、toは単体で、物事の方向を指し示す前置詞として置かれています。

よって、例文を訳すと、
「加藤さんに特に感謝すべきです。」
となります。

 

いかがですか?

dueの多義語としての意味も押さえておかないと、ついつい間違えてしまいそうな文章ですね。

 

では、もう一つご紹介。

We are due to visit Tokyo tomorrow.

こちらも出ました、due to。

ですが、これも先ほどと同じ。
「~が原因で」では、意味が通りませんね。

ここでは、dueは「~することになっている」という形容詞の意味で使われています。

そしてtoは、後に動詞の原形が続いていることから判断して、不定詞です。

よって意味は、
「私たちは明日東京に行くことになっている。」
ですね。

 

 

dueの意味まとめ

間違いを避けるため、ここでdueの意味をまとめて確認してしまいましょう!

・due to A 「~が原因で」

・A is due … 「Aは…が提出(返済)期限である。」

・「しかるべき、相応の」

・「当然与えられるべき」

・A is due … 「A(子供)が…に生まれる予定の」
       「A(人や乗り物)が…に到着予定の」
        Ex. The train is due in five minutes.「列車は五分後に到着予定だ。」

Copyright © 2019 みんなの英語 All Rights Reserved.

PAGETOP