英文法

cheer upの意味、使い方

cheer upの意味、使い方

 

 

cheer upとは?

みなさん、cheer upの意味、分かりますか?

「元気を出す;~を元気づける」ですね!

日本でもチアガールなんて言ったりしますね。

ちなみに、cheerは単独で使われても、「元気を出す;~を元気づける;励まし」といった風に、自動詞、他動詞、名詞と様々な形に変化します。

なので、cheer upのupに実質的な意味はなく、cheerの程度を強めるといった感じで押さえておきましょう!

 

 

cheer upと代名詞との関係

 

ここで、注意していただきたいのが、cheer upと代名詞の関係です。

 

いきなりですが、次の二つの文章を見てください。

1. Mary cheered up Tomas.
2. Mary cheered Tomas up.

違いがわかりますか?

 

そう、Tomasの位置が、変わっていますね。

実はこれ、両方ともOKです。cheer upのあとにTomasをいれても、cheerとupの間にはさんでも、どちらでも可です。

 

 

では、次の二文をご覧ください。

1. Mary cheered up him.
2. Mary cheered him up.

はい、また先ほどと同じような文章です。

変わったのは、Tomasがhimという代名詞になったことです。

さてこの二文、文法的に正しいでしょうか?

 

実はこれ、1. Mary cheered up him. は×です!

cheer up Tomasがいいのだから、cheer up himもいいと思われた方、いるのではないでしょうか?

ですが、cheer up himは残念ながら間違いです。

 

その理由を解説します。

そもそも、Tomasとhimとの違いは何でしょうか?

そう、固有名詞か代名詞か、です。

 

ではなぜ、cheer up 固有名詞 はよくて、cheer up 代名詞 はいけないのでしょうか?

その理由を理解するためには、英語という言語の特徴の理解が欠かせません。

その特徴というのが、こちらです。

 

「英語は、すでに出てきた情報には、重きを置かない。」

 

この大原則さえわかれば、すぐに理解できるはずです。

 

そもそも、himやitなどの代名詞と呼ばれるものは、その名の通り、すでに登場した人や物をさすときに、名前の繰り返しを避ける目的で使われます。

つまり、代名詞が指示するものは、すでに文中、もしくは会話中に出てきているのです。

よって、これらのものに目新しさはないため、重視されないのです。

 

もうおわかりですね?

cheer up Tomasは、Tomasがうしろにくることによって、強調されています。

ですが、cheer up himは?

himを強調…と言いたいところですが、先ほども言った通り、himは代名詞、既出です。

そう、この形は、英語の持つ語感とかみ合わないのです。

代名詞は、すでに出てきて、みんな知っているから、cheerとupの間に、「そっと」「目立たないように」おいているというわけですね。

 

どうでしょうか?

英語の持つ、繊細な語感を感じていただけたでしょうか?

 

このルールは、cheer upに限らず、「他動詞+副詞」の形をとるすべてのイディオムに当てはまります

ですので、ネイティヴの繊細な語感の使い分けをマスターするまでは、固有名詞でも普通名詞でも代名詞でも、ひとまとめにして、「他動詞+A+副詞」と覚えておくのが無難だと思われます。

Copyright © 2019 みんなの英語 All Rights Reserved.

PAGETOP