長文読解

(英語長文読解の王道) パラグラフリーディングのストラテジー のメリット・使い方

英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編

英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: 河合出版 (2005/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777203042
  • ISBN-13: 978-4777203048
  • 発売日: 2005/8/1

「英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編」について

速く確実に長文が読め、効率よく問題が解ける

● 長文読解の有力な方法論の一つにパラグラフリーディングが挙げられます。

● 英文の論理展開を示す論理マーカーを徹底活用します。

● 英文全体の流れを、論理チャートを用いて一目で確認できます。

● 長文読解のすべての入試問題に対する正しいストラテジー(戦略)を詳細に解説しています。

 

「英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編」の評価・口コミ

・英文パラグラフについて丁寧に教えてくれる

・説明問題や要約問題の解き方などを詳しく解説していて分かりやすい

・長文の読み方が楽になった

・方法論から問題への応用までを詳しく解説

 

パラグラフリーディングのストラテジー (2)実践編 私立大対策

パラグラフリーディングのストラテジー (2)実践編 私立大対策

  • 単行本: 155ページ
  • 出版社: 河合出版 (2005/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777203050
  • ISBN-13: 978-4777203055
  • 発売日: 2005/12/1

「パラグラフリーディングのストラテジー (2)実践編 私立大対策」について

速く確実に長文が読め、効率よく問題が解ける

● パラグラフリーディングをベースに、長文をどのように速く正確に読み、設問を解くかを詳細に解説しました。

● 私立大合格の鍵を握る、空所補充問題・パラフレーズ問題・内容一致問題を効率よく解くための戦略を、「解法ストラテジー」を用いて徹底解説しています。

 

「パラグラフリーディングのストラテジー (2)実践編 私立大対策」の評価・口コミ

・パラグラフリーディングの重要性がよく分かる一冊

・段落ごとの論理展開に注目して英文を読むパラグラフリーディングが学べる

・問題の出典大学は、早慶上智や明治、立教、関西学院大学など

・内容一致、空欄補充などが中心

 

パラグラフリーディングのストラテジー (3)実践編 国公立大対策

パラグラフリーディングのストラテジー (3)実践編 国公立大対策

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 河合出版 (2005/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777203069
  • ISBN-13: 978-4777203062
  • 発売日: 2005/12/1

「パラグラフリーディングのストラテジー (3)実践編 国公立大対策」について

速く確実に長文が読め、効率よく問題が解ける

● パラグラフリーディングをベースに、長文をどのように速く正確に読み、設問を解くかを詳細に解説しました。

● 国公立大合格の鍵を握る、説明問題・要約問題・下線部和訳問題を効率よく解くための戦略を、「解法ストラテジー」を用いて徹底解説しています。

 

「★書籍名★」の評価・口コミ

・総合英語力アップに役立つ演習書

・ディスコースマーカーを利用して和訳の手助けをするという趣旨の本

・邪道という声もあるが決してそうではない

 

パラグラフリーディングのストラテジー の使い方

使い方
・まずは①読み方・解き方編 を徹底的にやり込もう!

パート1のパラグラフリーティングの基本ストラテジー で、どのような考え方なのかを理解しましょう。ここが凄く重要です。
現代文の勉強をしている人ならわかると思いますが、文章には話の流れがあります。
その話の流れとは、どのような構成になっているのかを自分なりに説明できますか?
ここで、その構成の原則を学ぶことができます。
1文を丁寧に訳せることも重要ですが、全体としてどのようなことを言っているのかがわからない受験生が少なくありません。
この状態はまさしく木を見て森を見ずですよね。
長文読解においては、何を言っているのかがわからないというのは、テーマ選択の問題、本文全体に絡むタイトル選択問題などで、正しく正解を導けない可能性が出てきます。
大抵の問題は、「一番正しいものを選べ」です。誰も100%合っていないといけない、とは言っていません。
このような時に、全体の把握がいい加減だと間違えてしまう場合があります。
本文全体の内容を聞いてくる問題を確実に解けるスキルを身につけることがで着るのです。

Copyright © 2020 みんなの英語 All Rights Reserved.

PAGETOP