英文法

ネクステージ(NextStage)の使い方を考える

NextStage(ネクステージ)の使い方を考える

英文法の問題集として非常に有名なネクステ(NextStage/ネクステージ)ですね。おそらくほとんどの受験生が目にしたことがある問題集でしょう。

有名な問題集だから買ってしまった人も多いはずです。

ですが、「どう使えばいいの?結局、何が得られるの?」と思っている人も少なからずいるはずです。

このような人のために『NextStageネクステージ英文法語法問題【4thEdition】』の使い方を徹底的に解説します。

 

私の周りにも、最適な使い方でネクステを使用している受験生はいませんでした。課題として課されたところをやるだけ、とりあえず全ての問題を一周した、という人が大半です。

 

まともに使い方を理解していない受験生がほとんどだからこそ、使い方を理解することが非常に重要なのです。ここでいう”使い方”とは、「最も効率的」という意味です。ここでは、「効率的」という言葉は以下の意味で使っています。

 

「効率的」=「スピード」×「効果」

 

様々な学習サイトでレビューがされていますが、「とにかく回数を重ねる。」や「間違った問題はノートにまとめる。」など効果はあるものの、スピードというものが考慮されていません。受験には英語以外の科目も勉強しなければいけませんよね。ですから、受験勉強においてはスピードを重視しなければいけません。

 

今回は、ネクステの「最も効率的」な使用方法を解説していきます。

 

1.ネクステージ(NextStage)基本情報

 

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

  • 単行本: 511ページ
  • 出版社: 桐原書店; 4th edit版 (2014/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4342431203
  • ISBN-13: 978-4342431203
  • 発売日: 2014/11
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.2 cm

 

ジャンル:英文法問題集

難易度:センター試験~MARCH

到達目標:センター試験8割以上、MARCH合格点

必要期間:1か月

用途:英文法問題の演習

対象者:地方国立大受験者、MARCH志望者

 

2. ネクステージの評価

 

2-1. ネクステージを使用するメリット

・圧倒的な問題量

受験英語の文法・語法問題の得点力は演習量に比例します。ネクステは文法・語法合わせて2000問以上掲載されており、問題演習のために使うのであればマストな参考書と言えます。

 

・必要な時間が短い

ネクステは見開き1ページの左側に問題、右側に解答解説が掲載されており、解答してから正誤の確認をするまでの時間が非常に短くて済みます。先ほども書いた通り、スピードをどれだけ意識できるかということが受験での成功に繋がっていきます。

 

2-2. ネクステージを使用するデメリット

・英文法をあらかじめ理解しておく必要がある

あくまでもネクステは英文法の問題演習のための本です。ネクステに取り掛かる以前に全ての英文法をマスターしておく必要があります。「解説が充実していないからネクステは良くない。」と言っている受験生が多くいます。さらに言えば、塾講師ですら言っている人が多いです。これは大きな間違いです。

 

勘違いしてほしくないのが、「演習」のための本と「理解」のための本は全く違います。『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』などの参考書で英文法を理解してから取り組みましょう。

 

・センターの和訳が当たり前にできるという大前提

文法・語法問題がスラスラ解けるようになるためには、和訳が余裕でできるという前提があります。また、当然のように和訳をするためには文構造が把握できないといけませんね。センター試験に出題される英文の意味は瞬時に理解できるレベルでないと、ネクステから得られる効果は少ないです。まだ、文構造把握や和訳ができないという人は『やっておきたい英語長文300』などで演習してから取り組むことをおすすめします。

 

3. ネクステージの最も効率的な使い方

ここで紹介する「最も効率的な使い方」は、ある条件が揃っている人にしか意味がありません。

 

・英文法の基本事項を理解している。

・センター試験程度の英文は和訳できる。

 

この2つの条件が揃っていない人はネクステを使ってはいけません。それでは、ネクステの最も効率的な使い方を見ていきましょう。

 

①1問10秒のペースで問題集を1周する。(4日以内)

 

ここで重要なのが、時間をかけないことです。「この選択肢かな?いや、こっちかな?」と迷ってはいけません。問題を見たらすぐに解答の選択肢に〇を付けましょう。

 

〇を付けたら解答・解説を見てはいけません。とにかく問題を解き続けてください。目安となるのは、200題です。200題解き終えたら解答を確認しましょう。ここで、解説は確認しなくていいです。

 

②間違った問題の解説を音読する。(2日以内)

解説を確認するのは間違った問題だけで良いです。ここでカギとなるのが「音読」です。音読することによって、脳の吸収力が格段にアップします。

 

解説を読み、分からない場合は文法書、それでも分からない場合は辞書、それでも分からない場合は先生や頭の良い友人に聞きましょう。

 

※暗記事項について

 

文法に関わるものではなく、暗記していないと解けない問題も存在します。そのような覚えていないと解けないような問題は、ノートにまとめるようにしてください。

 

③もう一度、一周する。(4日以内)

 

①と全く同じことを繰り返します。とにかくスピードを意識してください。

 

④全ての問題を和訳する。×2(10日以内)

間違った問題はもちろんのこと、正解した問題も全て和訳してください。ここで重要なのが、ノートに書かないことです。ノートに書くことは時間の無駄です。

 

では、どうすればいいのでしょうか?そう、「音読」です。英文を一度音読し、その後に和文も音読します。

ノートに書くよりもはるかに効率的だと言えます。

 

⑤和訳しながら1周解答する。(10日以内)

最後に仕上げです。ここまで来れば、ネクステの学習もほとんど終わっています。

 

英文音読→和文音読→解答→200問解いたら解説で確認

 

この流れで行いましょう。

 

以上で、ネクステの最もッ効率的な使い方の紹介を終わります。お分かりの通り、この手法なら1か月の間で2000以上の英文の問題演習と和訳を3回行えます。ここまで効率的な方法はないでしょう。

 

この記事のキーワード

, , , ,

Copyright © 2019 みんなの英語 All Rights Reserved.

PAGETOP